なんか食欲が湧かない?!食欲不振になる原因と症状について

食事が好きなはずなのに、なぜか食欲が無い・・これってもしかして食欲不振というやつかもしれない。そんなお悩みを抱えている人へ、食欲不振の症状と原因についてご紹介していきましょう。

食欲不振とは?

食べ物を食べるという考えがなくなり、食欲が無くなってしまう事を食欲不振といいます。なんとなく疲れていて食欲が出ないという事もあれば、頭痛やめまいなどがあって食欲が出てこないという事もあります。

吐き気が出てくるから食べたくないと言う状態もあります。とにかくお腹がすく時間なのに、食欲がわかないという状態の事を食欲不振と呼びます。

食欲不振の原因とは

ストレスを感じている

ストレスというのは視床下部という部分の判断能力を鈍らせる作用を持っています。視床下部はお腹が空いていると言う判断をする場所で、そこから自律神経が信号を発信できるように調整する役目を持っています。

ですから、ストレスによって視床下部に影響が出てくると、食欲不振になる事が考えられます。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れていると自律神経が乱れている可能性が高くなります。そして暴飲暴食などをしていた場合にも、体に負担がかかり過ぎてしまいます。すると倦怠感や胃の不快感などを感じるようになり、食欲不振になると考えられます。

消化器官の病気

食欲不振になる原因の中には、消化器官の病気が隠れている事もあります。どのような病気なのかといいますと・・

胃潰瘍、胃炎、胃がん、十二指腸潰瘍などが考えられます。これらの病気は消化器科へ行けば検査なり診察なりをして確認することが出来ますので、ちょっとおかしいかな?と思ったらすぐに病院へ行きましょう。

摂食障害

心身症の種類の中に摂食障害というものがあります。精神状態が不安定な時に、摂食障害が現れると、食欲がなくなってしまうという人がいます。食べ物を食べると言う意欲も、元気もなくなるという事があるのです。

こういった摂食障害は、精神科などで相談をする事となりますので思い当たる節がある場合には、すぐに病院を受診してみましょう。