健康効果が盛りだくさん!不足しがちな必須脂肪酸の必要性

必須脂肪酸というのは、体の中で生成することが出来ない脂肪酸なので、食事などで摂取するしかありません。

脂肪酸をわざわざ摂取する必要があるの?と思うかもしれませんが、必須脂肪酸はとても重要な成分なので、体にとって必要なものとなります。ですから、わざわざ摂取する必要があるのです!

必須脂肪酸の種類

EPA・DHA・αリノレン酸・リノール酸といった種類があります。

EPA

EPAというのは、エイコサペンタエン酸という名前の必須脂肪酸です。オメガ3脂肪酸の1種としてとても優れた脂肪酸と言われています。

主に青魚に含まれている脂肪酸で、人間の血管に作用してくれるので血液をサラサラにする効果があります。動脈硬化を予防することが出来ますし、血行を促進して新陳代謝を活性化することができます。

DHA

DHAというのは、ドコサヘキサエン酸という名前の必須脂肪酸です。こちらもオメガ3脂肪酸の1種となっており、青魚に多く含まれています。

DHAは脳への作用が注目されており、記憶力や集中力を向上させる働きがあるとされています。近年の研究では、アルツハイマーの予防や緩和などにも効果があると考えられています。

安全なDHA・EPAサプリランキングへ

αリノレン酸

fatty-acid-img01

亜麻やエゴマから抽出される脂肪酸の事をαリノレン酸と言います。体の中に入ると、EPAやDHAに変換される性質を持っているのでEPAやDHAと同様の効果を得る事が出来る必須脂肪酸です。

リノール酸

fatty-acid-img02

αリノール酸は植物油のことを言います。グレープシードオイルやコーン油などに含まれている脂肪酸の事です。血中コレステロールを低下させることが出来るという事もあり、生活習慣病の改善や予防に効果があるとされています。

このように必須脂肪酸というのは体にとても良い効果を与えてくれるものなので、積極的に摂取してもらいたいと思います。食べ物から直接摂取するのが難しい場合にはサプリで摂取するのも効果的です。